働き方

【正社員版】有給はいつから使える?上司が絶対教えてくれない基礎知識

有給とは何なのか、元人事部がめちゃくちゃわかりやすく解説します。

「有給なんかないって言われたけど、本当?」「有給っていつから使えるの?自分にもある?」

こんな疑問にお答えします。

ちなみに、有給は全員にあります。正社員としてフルで働いているならなおさら。

この記事では、あなたの会社や上司が絶対に教えてくれない「有給」についての知識を、基本から応用までわかりやすくお伝えします。

有給ってなに?

有給ってなに?

有給とは、「年次有給休暇(ねんじゆうきゅうきゅうか)」の略称です。

普段のお休みとは別で、ボーナスのような感じで取れる休みのこと。申請すれば基本的にいつでも取れますし、半年以上まともに働いていればみんな持っています

(ちなみに、労働基準法第39条で定められている権利です。)

そんな素敵なシステムについて、掘り下げて解説していきます。

有給はいつから使える?

有給はいつから使える?

入社して半年後から使えます。

既定の出勤日数の8割以上出勤しているのが条件ですので、例えば月に20日出勤しなければならない状況なら、毎月16日以上出勤していればOK。

逆に言えば、毎月4日間ずつ風邪で休んでいても有給は貰えます。

有給の日数は?

経過年数 週5勤務 週4勤務 週3勤務 週2勤務 週1勤務
0.5年 10日 7日 5日 3日 1日
1.5年 11日 8日 6日 4日 2日
2.5年 12日 9日 6日 4日 2日
3.5年 14日 10日 8日 5日 2日
4.5年 16日 12日 9日 6日 3日
5.5年 18日 13日 10日 6日 3日
6.5年 20日 15日 11日 7日 3日
以降1年毎 20日 15日 11日 7日 3日

有給の日数は、こんな感じで決まっています。普通の正社員の方は、一番左の「週5勤務」に当たります。

半年経ったら10日ももらえる!すごいですね。

有給の一般的な取り方

有給の一般的な取り方

せっかく有給があるなら、是非使っていきたいところ。

原則として有給休暇は、従業員から申請すれば使えます。でも、会社によっては使い方がしっかりとルール化されていない場合も…。

ここでは、「普通はこんな感じで取るんだよ」というイメージをお伝えします。

普段の有給の取り方

普段の有給の取り方

例えば1か月前くらいに、「〇月〇日、用事があるので有給使って良いですか?」といった雰囲気で上司にお伺いを立てるのが一般的です。

このとき「取得理由」を言う義務はないのですが、そのあたりわかってない会社も多いので、聞かれたら適当に答えておけばOK。「免許の更新」とか、「歯医者行きたい」とか、「嫁の実家の用事があって」とか。

「理由を言う義務はありません!」なんて戦い始めると逆に面倒なことになるので、適当に流しましょう。

会社によっては申請書があったり、システムに打ち込むだけでよかったりとルールが設けられている事も多いです。一度確認しておくことをおすすめします。

退職時の有給消化の仕方

退職時の有給消化の仕方

退職するときに、たまっていた有給を全部消化してから辞めるというのも割と一般的です。

例えば有給が20日残っていて、3/15を最終出勤日にした場合。有給20日分を出勤扱いにしつつ、土日祝はもともと休みで、4/15が退社日になるといったイメージです。

退職報告をするときにスケジュールを話し合うのが一般的ですね。

知っておきたい有給の知識

知っておきたい有給の知識

基本事項はお伝えしましたので、あとは応用です。

  • 取得義務化
  • 使用期限
  • 時季変更権

これらを抑えておけば、有給については大抵OKです。

取得義務化

2019年度から、「年に10日以上有給がある人には年に5日以上使わせてね」という法律ができました。これは会社側に科せられたもので、有給を取らせなかった1人あたり30万円以下の罰金が発生します。

もしも従業員から申請がない場合も、会社側から「この日に有給つかってね!」と指定して使わせる必要があります。

指定しても従業員が休まなければ罰則を受けるので結構厳しめですが、これは「いやー有給使ってっていったのに勝手に出勤してきたんです」というブラック企業の言い訳を潰すためですね。

なかなかナイスな法律です。

使用期限

気を付けて頂きたいのが、有給休暇の使用期限です。有給には消費期限みたいなものが決められていて、使わなかった分は付与から2年経つとなくなります。

例えば2020年1月1日入社のフルタイムの人の場合

取得日 付与される日数 有効期限
2020/07/01 10日 2022/06/31
2021/07/01 11日 2023/06/31
2022/07/01 12日 2024/06/31
2023/07/01 14日 2025/06/31
2024/07/01 16日 2026/06/31
2025/07/01 18日 2027/06/31
2026/07/01 20日 2028/06/31

こんな感じで、2020年7月に取得した有給10日のうち、使わなかった分は2022年6月に消えちゃいます。

キッチリ使い切っていくのが効率良いですが、風邪引いて休んじゃったときに使える場合もあるので、なかなか悩ましいところではあります。

時季変更権

会社には、従業員から使用申請があれば有給を使わせる義務があります。

が、「時季変更権」という権利も持っています。

従業員が有給を使う申請をしてきたときに、「ちょっとその日は厳しいからこの日に変えてくれない?」と使う時期を変更してもらう権利です。

会社側が便利に使ってきそうな権利ですが、客観的に妥当な理由でなければ使えないことになっています。

具体的には、「同じ日に全員休むって言い始めて、絶対お店が回らない」みたいな状況のときに、「だれか3人、違う日に変えてくれない?」と変更してもらうようなイメージです。

絶対にその人が出なければならない理由がない限り、たとえば「その日はセール初日だから」とか、「その日は業務で忙しいから」みたいな理由では使えないことになっています。

年次有給休暇制度のQ&A

年次有給休暇制度のQ&A

その他、有給休暇に関して出そうな疑問点をいくつか記載しておきます。

Q:有給の買い取りはできますか?

A:有給の買い取りはできません。

年次有給休暇という制度の目的は、「仕事を休んで体を労わる事」とされています。買い取りを許可してしまうと、そもそもの有給という制度の目的から外れてしまいますので、許可されていません。

但し、退職する際にスケジュール的にどうしても余ってしまう日数分の有給については買い取りが許されていますが、会社側に買い取る義務はありません。

Q:有給1日あたりの金額はいくらですか?

A:だいたいの会社では通常の賃金が支払われます。

毎日の給与が違う雇用形態の方の場合は直近3か月間の1日平均の賃金が支給されるのが一般的です。

Q:退職するときに残っている有給はどうなりますか?

A:最終出勤日から残っている有給をすべて使って、使い切った日を退職日とする事もできます。

次の職場の入社日が決まっている場合などで取り切れなかった場合は、残念ながら諦めるしかありません。Q1でお伝えしたように、買い取りは許可されていますが、会社側に買い取る義務はありません。どうしても買い取ってほしい場合は交渉するしかないでしょう。

Q:有給を使うと評価を下げられそうで怖いです…

A:そんなヤバい会社辞めた方が良いと思いますが、「有給をつかった人に対して給与を下げたり不利益な扱いをしてはいけないよ」と条文でも定められています。毅然としていましょう。

有給はガンガン使っていきましょう

有給はガンガン使っていきましょう

会社も上司も、なかなか教えてくれない有給のシステム。基本的な知識はわかりましたか?

とりあえず半年以上まともに働いていれば全員あるので、ガンガン使っていきましょう。

今どき有給使って嫌な顔されるような会社はガンガン辞めて、まともな会社に移ることをおすすめします。ブラックは潰していくに限ります。

どうにもならなければ、有給の調整まで全部やったうえで即日バックレられる退職代行もあります。

ぜひ有意義な社会人ライフを。

【退職代行】即日で確実に辞めれるサービス4選【バックレるより良い】即日辞められる退職代行サービスをまとめました。世に沢山あるサービスの中で、どうやって選べば失敗しないのか、どうやれば上手く使えるのか。そんなことも併せて解説しています。...
ABOUT ME
退職ラボ研究員
退職ラボ研究員
「働く」「辞める」をもっと論理的に、かつカジュアルに考えていきます。

体験談募集!

退職ラボでは、退職代行を使った口コミや、退職体験談を広く募集しています。ブラック企業の情報や、その他気になる情報も大歓迎。ぜひお寄せ下さい。

もしも宣伝したいSNSアカウントなどがあれば、口コミや体験談にリンクを貼ることなどもご相談可能です。お気軽にお問い合わせ下さい。