辞め方

退職を切り出せない人へのアドバイス。別れ話に似てるよね【実体験】

退職を切り出せない人へのアドバイス。別れ話に似てるよね【実体験】

「退職したいけど、切り出せないんだよな…」「転職が決まったけど、抱えてる仕事もあるし、今のタイミングで部長に言うのめっちゃ怖い…」

こんなあなたの背中を押してあげられないかな、と思ってこの記事を書きました。

まず僕も、8年ほど勤めた会社を辞めました。会社を辞めるときは勿論なのですが、例えばアルバイトを辞めるときや、習い事を辞める、学生なら部活を辞める…あとは別れ話も一緒でしょうか。「辞めます」はなかなか慣れないですよね。

結論としては、「退職の申し出は相談ではなく報告」であることと「辞めることに責任を感じる必要は一切ない」ということを念頭において臨めばOKです。

そんな「退職の切り出し方」について、自分が辞めたときや、部下に辞められたときの経験から総合的にまとめつつ、具体的なコツなどをお伝えできればと思います。

退職の切り出し方

退職の切り出し方

早速ですが、退職を切り出すときは、「退職の申し出は、報告である」という根本を忘れないことが大切です。「辞めさせてください」「退職したいと思っています」「辞めても大丈夫でしょうか」

例えばこんな感じのワードはNGです。

何故かわかりますか?はい、「相談」になってしまうからですね。退職は、相談するものではなくて報告するものです。引き留めにあって面倒なことになるケースは、ここで「相談」に逃げてしまう人です。引き止められたいなら良いのですが、、、多分違いますよね。

僕がアパレル業界でエリアマネージャーをしていた頃、パートさんや部下からの退職の申し出を受ける事もありました。そのときに、やはり「相談」になると引き止めます。でも、キッパリと「〇月〇日付けで退職します。」と言われると、、、なかなか引き留めなんてできません。

理由は聞きますが、「まあ、引き留めは無理だな」と判断して、大抵そのままさわやかに送り出します。

経験上、有能な人ほどこうやってキッパリと言い切ります。

というわけで、「退職の申し出は、報告である」ということは念頭におきましょう。

退職を切り出すことに遠慮はいりません

「まあ、わかっちゃいるんだけど…」という感じだとは思いますが、あえて説明しておきます。退職を切り出す事に、何の遠慮もいりません。

「いま抱えているプロジェクトがある」「部下が育っていない」「人が少なくて後任がいない」こんな理由で躊躇してしまうこともあるでしょうが、「それで会社がどうなろうが、ぶっちゃけあなたに責任は無い」が正解です。

在籍中に頑張って仕事するのは当然ですし、退職が決まってから指示された相手に引き継ぐのも当然です。でも、辞めた後の事までは責任持つ必要ありません。

言い方は悪いですが、社員はどこまでいっても会社の仕事を回すコマの一つにすぎないので、もし「絶対にあなたじゃないとできない」みたいな仕事があるなら会社が悪いです。

辞める権利は誰にでもあるので、辞めないように、あるいは誰がいつ辞めても良いようにリスクマネジメントしながら運営するのが会社ですよね。

「とはいえ、上司とか同僚から恨まれそう」なんて人もいるかもしれません。

退職を切り出したあなたに対して負の感情を抱く人がいるような会社は、ぶっちゃけ辞めて正解じゃないかな?と思います。

ちなみに、僕が前の会社に退職を切り出したときは「明智光秀みたいなことしやがって」と裏切り者扱いされました。たぶんブラックなので、スルーで大丈夫です。

https://taishoku-lab.com/2595

退職を切り出す適正なタイミング

さて、そんなこんなで退職を切り出すわけですが、適正なタイミングというものがあります。退職を切り出すタイミングは、「最低でも最終出勤日の1か月前」というのが世間の暗黙の了解です。

法的には2週間前でOKですが、現実的にはなかなか難しいでしょう。余裕をもって2か月、3か月前でも良いかもしれません。

退職の申し出は、そのくらいデリケートな問題です。

というのも、あなたの仕事を誰かに引き継ぐ必要があるからです。場合によっては後釜の人間を雇う必要もあるでしょうね。

ぶっちゃけそのあたりの細かい部分をあなたが気にする必要はありませんが、会社に対して猶予期間を設けてあげるのは、最低限の礼儀かなと思います。

退職の話し合いの具体的な内容

退職の話し合いの具体的な内容

さて、「退職します」「辞めます」と伝えるときに具体的に何を話せば良いか、イメージは付きますか?

  • いつ辞めるか
  • なぜ辞めるか

基本的にはこの2つを明確に伝える&調整すればOKです。

いつ辞めるか

”いつ”に関しては有給消化や次の仕事先の出勤日なども関わりますので、すぐさま決めたいところです。

コツは、自分が考えている期日よりも少し早めの日程を伝えることです。

例えば、今が3月の上旬で、転職先には「5月か6月くらいから出社」と調整中だとします。

こんな場合に、正直に「できれば4月末が最終出勤で。最悪5月末まではなんとか…」なんて言ってしまうと、当然ギリギリまで引き止められます。

ここは、初手として「4月15日で退社します」と伝えるのが正解ですね。1か月以上は期間をおいていて、最低限の礼儀はクリアしています。

たぶん、「いや、なんとか4月末まで…」とゴネてくるので、「じゃあまあ…そうしましょうか」でフィニッシュです。転職先に6月出社で調整すれば、1か月間は有給消化できますね。

このあたりは上手いこと調整したいです。

なぜ辞めるか

あなたの上司は、「あなたが辞める理由」にこだわるケースが多いです。

仕事ができない人ほどこれを気にします。というのも、「自分の責任じゃない」ことを確認したいからですね。

よっぽど良い人じゃない限り、決してあなたに親身になっているわけではありません。世知辛いですね。

あなたの上司が、さらに上の上司にあなたが辞める事を報告するときに、「別に自分のせいじゃないから致し方ないし、自分の評価が下がるべくもない」と思わせる必要があるんですね。

残念な感じですが、それが会社であり、社会です。

というわけで、ここはどれだけ会社に対して恨みが合っても「家庭の事情で」「親戚の会社を手伝ってくれと言われて」といったような、「会社のせいじゃなくて、あくまでこちらの事情なんですよ」と、伝えて、円満に去るのが一番です。

もし会社にダメージを与えたいほどパワハラやセクハラを受けていたのであれば、ここで恨みを言っても何にもならないので、弁護士を雇った方が建設的ですね。

弁護士の退職代行サービスおすすめ4選!【他の業者との違いも解説】
弁護士の退職代行サービス4選│パワハラへの損害賠償請求は弁護士へ。弁護士の展開する退職代行サービスは、他の業者よりもとにかく業務範囲が広いことが魅力。初期費用は割高になるケースが多いですが、それ以上の安...

退職を切り出す際の4つのマナー

退職を切り出す際の4つのマナー

退職を切り出すときに、「最低限これは守った方が良いよね」という暗黙の了解があります。誰が決めたわけではありませんが、なぜか日本中のみんなが右へ倣えしています。恐らくネットもなかった時代から。

…不思議ですよね。

そんなマナーをお伝えします。

まずは直属の上司に報告する

例えば、自分が係長だった場合。課長をすっ飛ばして部長や役員に報告すると、課長の面目が丸つぶれになります。

「なんだ、そんなに信用されてなかったのか?」と課長の評価が下がります。(あえて課長に嫌がらせしたいならアリかもしれませんが、辞めるまでの期間がちょっと地獄ですね)

どれだけ風通しの良い職場であっても守るべきマナーです。

事前にアポを取る

いきなり「辞めます」と報告するのはちょっと不意打ちっぽくて危険ですね。聞く方にも心の準備が必要ですので、やはり「匂わせ」は必要です。

告白とか別れ話でも一緒ですよね。

直接言った方が良いと思いますが、もしも勇気やタイミングの折り合いがつかなければメールでも良いでしょう。

「少しご相談したいことがあります。今日、明日の御都合よいときに、お時間頂いても宜しいでしょうか?」

こんな感じでしょうか。

普段の関係性にもよりますが、とにかく「ちょっと真面目な相談にのって欲しい」というニュアンスをあえて伝えます。これ、「退職する人はまずこうする」という暗黙のマナーなので、言われた方が察します。

「あっやばい。これは辞めるやつだ」と普通の人なら察するので、フットワークの軽い人ならこの時点で上司に相談して、引き留め材料(給与アップや待遇アップ)を用意しておくかもです。

とまあ、お互いの心の準備のために、「事前のアポ取り」は必ずしましょう。

メインの報告は直接

アポ取りは最悪メールでも良いですが、「辞めます」というのは直接が良いでしょう。

テレワークなどでどうしようもないときも、せめて電話が良いのでは?と思います。

ちなみに、テレワークが主流になってから退職代行を使う人がめちゃくちゃ増えたそうです。やはりどうやって切り出せば良いかわからないし、どのタイミングで言えば良いかわからないということで、「こうなったら業者に頼るしかない」という発想ですね。

あまりに難しそうであれば、最近ではそれも選択肢の一つに入ります。失敗しない使い方は、下記の記事もあわせてご覧ください。

退職代行で失敗する人は?事例で学ぶ失敗例【失敗しない選び方】
退職代行で失敗する人は?事例で学ぶ失敗例【失敗しない選び方】退職代行を使って失敗しない為の情報をまとめました。どんな状況だと失敗するのか、どうすれば失敗しないのか。退職代行の利用を検討している人は、ぜひご覧ください。...

同僚や部下には秘密にしておく

上司に報告するよりも先に同僚や部下にいってしまうと、ひょんなことから上司の耳に入るとトラブルに繋がるかもしれません。

そこは順序を考えて、まずは必ず上司に報告して下さい。

そのあとも、上司から指示があるまで自分から周りの人に「俺辞めるんだよ」なんてペラペラ話すのは控えましょう。

周りのモチベーション、仕事の引継ぎの段取り、いろいろあります。最後に痛い奴扱いされないように、空気を読んで過ごす事が大切です。

退職をどうしても切り出せない人へ

退職をどうしても切り出せない人へ

さて、基本的な「退職の切り出し方」についてご説明しました。

  • 1か月前には切り出す
  • 相談じゃなく報告
  • 最低限のマナーを守る

おおまかにはこれだけです。

でも…「いや、それはわかってるけど、そうじゃないんだよ」という人もいますよね。

そんなときは、1年後のあなたを想像してみて下さい。

僕はそうしました。

冒頭で少しだけお伝えしましたが、僕は「転職しよう」「辞めよう」と1か月に1度は思いながら、8年ほど同じ会社で働いていました。

(ちなみに、こんな会社にいました。)

【辞めて正解】ブラック企業を辞めたいと思って8年、やっと辞めた話
【辞めて正解】ブラック企業を辞めたいと思って8年、やっと辞めた話ブラック企業を辞めたいけれど、なんだか踏ん切りがつかないあなたへ。実際に辞めて転職した私の体験談を交え、会社の見切り方や辞めたいときにすべき行動をお伝えします。...

どんな会社だったとしても、ちょっとくらいは愛着が沸くもんです。少なからず上司や同僚、部下との関係性ができるので、「なんか辞めるとなると申し訳ないな」なんて思ってしまうこともあると思います。

でも、自分の人生は自分のものです。

1年後のあなたの面倒を見れるのはあなたしかいません。

1年後の僕を想像したときに、「ここにいたらダメだな」と冷静に思えたので、すぐさま転職先を決めて退職しました。

基本的には転職先を決めてから辞めることをおすすめしますが、このあたりは状況にもよるでしょう。

迷ったときは、1年後の自分を想像してみてください。

1年後の自分は、その会社でどうしているのか。満足した顔をしているのか。ちょっとくらい嫌なことがあっても、同僚や上司と笑って働けているのか。

僕は無理だったので、辞めました。

いまは転職して大好きな仕事をしていて、同僚も上司も素晴らしい人ばかりで、転職して本当に良かったと思っています。

あなたはどうでしょう?

動くなら早い方が良いです。なぜなら、今日が一番若いから。

1年後のあなたが笑って働けていることを願っています。

ABOUT ME
退職ラボ研究員
退職ラボ研究員
「働く」「辞める」をもっと論理的に、かつカジュアルに考えていきます。

体験談募集!

退職ラボでは、退職代行を使った口コミや、退職体験談を広く募集しています。ブラック企業の情報や、その他気になる情報も大歓迎。ぜひお寄せ下さい。

もしも宣伝したいSNSアカウントなどがあれば、口コミや体験談にリンクを貼ることなどもご相談可能です。お気軽にお問い合わせ下さい。